性行為や水回りから感染する危険のあるトリコモナス

トリコモナスの検査方法

Pills

性感染症であるトリコモナスではさまざまな検査方法があります。必ずしも病院だけで検査ができるというものではありません。最近ではさまざまなところでトリコモナスの検査ができるようになっています。一般的な保険を使うことができる病院の場合は、検査が当日に行われて結果が1週間後や2週間後にわかるようになっています。検査に必要な費用は2,000円から1間年程度となります。しかし保健所では検査を受けることができません。最近利用する人が多くなっているのが検査キットとなります。これは自分で検体を採取して郵送をし、専門の分析機関から検査結果をメールやインターネットで確認するというものとなります。注文してから結果を受け取るまで4日から7日が必要となります。

このようにトリコモナスの検査方法はいくつかありますが、やはり今後も病院で検査を受けるという人が多くなってくると考えられています。病院では詳しい検査を受けることができ、完治したかどうかの目安に関しても、医師がしっかりと判断してくれるようになっているからです。トリコモナスの検査は男性では尿が使われるようになっています。女性の場合は膣分泌液を使って行われるようになっています。ここにトリコモナス原虫がいるかどうか調べるようになっています。妊娠していても検査を受けることができます。しかし生理中は避けるようにします。それは不純物が混ざって検体の採取がしっかりとできない可能性があるからです。病院は泌尿器科や産婦人科を受診するようになっています。