性行為や水回りから感染する危険のあるトリコモナス

自宅での検査

Pills

最近ではデリケートゾーンのかゆみを改善する市販薬がドラッグストアなどでも販売されていますが、かゆみの原因が性感染症の場合は抗生物質などでウイルスや原虫を体の中から排除する必要があります。性感染症は基本的に性行為によって感染するものですが、トリコモナス膣炎の場合は性行為以外でも感染する可能性があり、症状が進行すると不妊などの原因にもなってしまいます。トリコモナス膣炎に感染しているかどうかは、女性の場合は膣内の粘液を調べることで分かります。婦人科を受診するとすぐに調べてくれますし、感染が確認された場合は内服薬や膣剤が処方されます。処方された薬はすべて使い切ったあとに、体からトリコモナス原虫が排除されたかどうかを病院で確認してもらうことも大切です。

性交の多様化や初体験の低年齢化などによって、若い世代を中心にクラミジアやトリコモナス膣炎などの感染者が増えていますが、最近では検査キットを使って感染の有無を調べる人も多くなっています。病院では検査をする前に症状が出始めた時期や性交の有無など色々と聞かれる場合もありますが、検査キットの場合は何を聞かれることもなく注文することができますし、診察料などの費用も削減することができます。万が一感染していない場合はそれで終わりですし、感染している場合は検査結果を病院に持っていけば再度検査をする必要もなく薬を処方してくれます。特に未婚の女性の場合はデリケートゾーンの検査に抵抗を感じる人も多いのも検査キットが人気の理由の一つでしょう。