性行為や水回りから感染する危険のあるトリコモナス

早めに検査しておこう

Pills

トリコモナスは多岐にわたる感染経路を持っていることから、どんな人でも感染する危険があります。そのため、早い段階での検査をオススメします。現在は検査キットを使うことで個人でも自宅で検査をすることができますよ。

詳しくはこちら

トリコモナスの検査方法

Pills

トリコモナスに感染しているか否かの検査方法はさまざまです。医療機関に通っての検査にしろ、検査キットを使った個人での検査にしろ、早い段階ですぐさま検査をして確認するようにしましょう。

詳しくはこちら

自宅での検査

Pills

トリコモナスに感染しているかどうかの検査は、検査キットを使用することで自宅でも可能です。そのためデリケートゾーンに対する悩みを相談することに抵抗を感じている人でも安心して検査をすることができるようになっています。

詳しくはこちら

性行為以外からも感染

男女を問わずに感染する恐れのあるトリコモナスは、若者を中心にリスクが高い性病です。セックスだけでなく、日常生活でも感染する可能性があるため注意しましょう。

Pills

トリコモナスとは肉眼では確認が難しいくらい小さな原虫が、性器に侵入して炎症を起こすという疾患になります。そのため性病の一つとして認識されているのですが、性行為をした事がない人でも発症するケースが少なくないと言われています。これはトリコモナスが水中であれば長時間生存出来るためで、公衆浴場や公衆トイレ等で感染してしまう事もあるのです。トリコモナスは淋病やクラミジアと同様に昔からある性病ですが、近年では患者数は減少傾向にあると言われています。ただし若い世代だけに絞って見てみると、患者数は全体の流れとは逆に増加傾向にあるとされています。また全体的には減少傾向であるとは言っても、全ての世代でそれなりの患者数が確認されているので注意が必要です。

トリコモナスを発症した場合に現れる症状については、男性と女性でそれぞれ違いがあります。まず女性が発症した場合に現れる症状としては性器周辺の強い痒みや、おりものが黄色く泡立って臭いがするといった症状が現れます。これに対して男性が発症した場合には尿道に軽い痒みを感じる等がありますが、中には全く自覚症状がないという人も少なくないです。そのため男性患者は発症に気付くのが遅れて、無意識のうちに人にうつしてしまう事もあるので注意したほうが良いと言えます。トリコモナスの治療方法に関しては薬物療法を行うのが基本で、この原虫への効果が期待出来る駆虫薬が処方されます。医師の指示に従って薬の服用を続ければ体内の虫が駆除されて、それに伴って症状が落ち着いてきて完治する事が出来ます。